老化現象の原因ってあるの?

老化現象が引き起こされる原因には、どのようなものが挙げられるかは以下の通りです。
まずは活性酸素です。
これはとても強い酸化力を持っている物質です。
紫外線を浴びたり、強いストレスを感じたりすることなどで大量に発生し、その酸化力で細胞や血管を酸化させてしまいます。
酸化、つまり錆びついてしまった細胞などは本来の機能を果たすことが難しくなってしまうため、それが原因で老化現象が引き起こされると言うのがひとつです。
それから加齢による機能低下も老化現象の原因のひとつです。
物は長い期間、続けているとダメージが発生して、品質が劣化したり、故障したりしやすくなります。
そしてこれは体の機能に対しても言えることです。
年齢を重ねると、体のあらゆる機能は疲労を起こし、ダメージなどが発生しやすくなります。
それに対する回復機能も低下しているため、それが引き金となって老化現象が引き起こされると言うメカニズムです。
また生活習慣の乱れも原因のひとつです。
食事内容、運動習慣、喫煙、飲酒、ストレスや休養と言った生活習慣は、個人差が大きいのが特徴です。
ですがそれらひとつひとつが体の機能に与える影響はとても大きいため、その乱れが酷いと老化現象が引き起こされやすくなると言えます。

point001

老化現象の症状ってどんなものがあるの?

老化現象が、始まるのは意外と早く体内では30代から症状が出始めます。
老化は、生きているものにとっては避けることができないものです。
その現象が、実際に開始するのは20歳を過ぎた頃から老化が始まります。
老化というと、もっと遅く50代以降をイメージしますが、体内のメカニズムはもう20歳からになります。
その現象としても症状は、30代を超えると広がりがあり40代になると衰えが本格的に始まるとされています。
ただ、何でもそうですがこの現象にも個人差はあります。
その代表的な症状は、白髪や老眼などが現れます。
筋肉が衰える症状も、出てきますが筋肉は、何歳になっても鍛えることができます。
そのために、鍛えることで70代でも筋肉は維持することは可能です。
次に出る症状が、脳の部分です。
若いときと比べると、記憶力が低下していきます。
前頭葉の部分が、衰えることで物忘れなどがでてきます。
ただ、脳は厳密にいうと老化はしません。
筋肉と同じように、常に鍛えることで進行を抑えることは可能です。
いつも同じ手順に慣れてしまうと、脳は考えることをやめます。
それを防止するのが、常に新しいことを考えることです。
いつもとは、違う道を歩くことや家事のやり方を変えることも効果があります。

point002

老化現象が始まる年齢はどのくらい?

老化現象が始まる年齢としては20歳過ぎたころからと考えられています。
ですが、人それぞれの生活環境、生活習慣などによっても、ある程度老化現象なども差があるため、年齢なども、さまざまなものが要因と考えられるため、はっきりとした老化現象が始まる年齢などは決まっているとはいえません。
しかし、生活習慣などが乱れていたり、食生活の乱れ、また、ストレスなどによっても影響されるため、老化をできるだけ遅らせたい場合には、自身の生活を見直して、生活習慣や食生活の改善をして、また、精神的にも安定するように、ストレスの解消を心がけていくことが重要です。
規則正しい生活、睡眠不足や運動不足を改善していくことも大切です。
また、食生活においても、栄養バランスなどを考えて、きちんとした食生活をして、暴飲暴食や偏食により、栄養の過多や偏りなどがないように日々、心がけていくことも大切です。
また、ストレスなども、あまり溜め込みすぎてしまうと、体にはさまざまな影響がでてしまうことになり、また、精神的にも不安定な状態が続きます。
そのため、生活のなかで適度にストレスを解消していけるように、気分転換をしたり、リラックスできる生活環境を整えていくことも大切です。

point003

顔に現れる老化現象とは?

人は歳を重ねるごとに様々な老化現象が現れてきますが、顔に現れる症状とはどのようなものがあるのかご存知ですか。
シワやたるみはもちろん、シミやくすみも老化現象の一つです。
なぜ、このような現象が現れるのかというと、肌内部でハリや潤いを保つ成分が減少してしまうからです。
人の肌は元々高い保湿力と保水力があります。
それは肌内部にコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど保水効果の高い成分が存在しているからです。
しかし、これらは加齢とともに次第に減少してしまいます。
すると肌は乾燥して外部刺激を受けやすい状態になってしまいます。
そのため紫外線などの刺激を受けることで、肌内部のメラノサイトが反応してメラニン色素を生成し、シミやくすみを生じやすくなるのです。
また、肌の保水力がなくなることで弾力がなくなり、シワやたるみが生じやすくなるのです。
このように老化現象とは肌内部の成分が減少することで生じやすくなります。
そのためエイジングケアとはそれらを補うため、コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されているのです。
しかし、これら成分は肌に浸透させようとするとそのままではなかなか浸透しません。
そのため、保湿だけでなくエイジングケアとしてこれらが配合されているスキンケアを使うなら浸透性の高いものを選ぶことをおすすめします。

point004

脳への影響はどんなものがあるの?

人間は生きている以上年をとります。
肉体は目で見てわかるほど次第に衰えていきますが、脳も同じように衰えていくのです。
人間の脳の寿命は諸説ありますが、一説には100歳以上生きるともいわれています。
つまり、肉体よりも長寿命といえます。
老化現象のはじまりは人によって早かったり遅かったりしますが、代表的な症状としては次のようなものがあります。
親しい友人の名前が思い出せなくなったり、短気になったり、物忘れが多くなったりすることです。
自分自身ではあまり老化現象を感じることはないですが、親しい友人や家族は今までと違う変化に気づくことが多いです。
ただ、老化現象の症状は、日常生活でも見に覚えのあるようなことなので、普段からよく忘れ物をする人が老化によって物忘れが多くなっても、それを老化現象とは思わないことも良くあります。
このような中で、もっともわかりやすいのが記憶力の減退です。
脳が衰えると新しい情報を上手く保存できなかったり、過去の記憶と現在の記憶の分かれ目が曖昧になってきます。
会話をしているときも、昔と今が混ざってしまい支離滅裂となることもあります。
以上のように、脳の衰退は目で見える肉体とは違い、目で見て分からないからこそ難しいものなのです。

point005

老化に関わる話

老化現象というものをここではたくさん説明しました。
老化に関わる話とセットで登場するものにレスベラトロールというものがあります。
レスベラトロールと老化にはどんな関係があるのでしょうか?詳しくはこちらのサイトが役立つと思います。